《へなまめ星人の手帖》

henamame.exblog.jp
ブログトップ

2017年 06月 24日 ( 1 )

ホトケじゃないんで。

d0229251_22095339.jpg
温和でやさしい人っていいですよね。
そういう人になりたい!
と、心がけたりしてみるけれど
元々の性質というのはなかなか治らないものですね〜

人から「優しい」とか「落ち着いている」とか
「仏のようだ」とか言われることもあるのですが、
心の声を聴いたらきっと、がっかりするのだろうな〜
(ほぼ逆なので。。。)

自分で発したことばは、自分でも聞いているらしく、
自分に対して言っているのと同じらしいので
良くない言葉はダメー☆ということを聞きますが、
本来、気が短くて激しい性格なので、抑えられない時も多々あり、、、
すごく我慢をしているのを自分で感じる時があります。

本当に温和で優しい人なら、
我慢しなくても出来るのだと思うのですよね。。。
そういう人と接すると癒されるな〜と感じるし素敵だなあと思います。
あ、でも現実感のある人の場合ですよ。

全部個性として受け入れられるだけの度量があればいいけど、
ホトケじゃないから出来ないんだよね。

何かの本で読んだけど、
最悪なときこそ「たのしい〜!」と言うとよいとありました。
何の本だったかな。

それで、
嫌だなーと思ったら
「たのしい〜!」を言うのを試してみていますが、
自分がうそ言っているのを凄く感じて違和感ありあり。

それで「くそたのしいー!」に変えてみたら少ししっくり。
くそ付けたら駄目なのかな。
でもなあ、自分で嘘言ってると感じるのは本当に嫌だしなあ。
暫く「くそたのしい」でいいやw




[PR]
by henamame | 2017-06-24 22:48 | ひとりごと、つぶやき | Comments(0)