《へなまめ星人の手帖》

henamame.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:観に行ってきた( 55 )

炎のパフォーマンス素敵でした。

d0229251_23231846.jpg
d0229251_23240370.jpg
d0229251_23243388.jpg
出掛けたら音楽が鳴っていたので
何かやっているんだなと思って覗いてみたら
炎のパフォーマンスでした。

火って不思議ですよね。
見ているとなんとも言え無い感覚があって。
怖いけれど美しさを感じます。
きちんと管理されて安心して観ているからですが。

「かぐづち」
というパフォーマンスプロジェクトだそうです。
いやー格好良かったです。
(注・私の絵とは全くイメージ違いますw)

頂いたパンフレットには
火の他にも
イルミネーションなどの光を使った
パフォーマンスもあるみたいですが

私はもう一度
火のパフォーマンスが観たいなと思いました。

炎の明るさとか音とか消えたときの匂いとか
とても五感が刺激されました。

たまたま観ることが出来てラッキーだったなあ。
観たのは途中からでしたが
いい時間を過ごせて気分がよかったです。

かぐづちHP



[PR]
by henamame | 2016-11-26 23:48 | 観に行ってきた | Comments(0)

死者の日の祭りの展示に行ってきました。

d0229251_06141627.jpg
d0229251_06141809.jpg
d0229251_06142096.jpg
d0229251_06142964.jpg
書くのに慣れてきて
4、5時間かからなくなってきた気がする。。。


ギャラリーハウスマヤさんで開催されていた
死者の日展を観てきました。
最終日で時間も
あと20分で終わろうかという時間に。

ギリギリだったので人も多かったですが、
人混みをかき分け拝見しました。
観ているうちにメキシコの歌が聴こえてきて
パワフルで深みのある素敵なヴォーカルに
うっとりしました。

あまりじっくりは観れませんでしたが
作品も会場の雰囲気も素敵でした。

日本でいうお盆のようなものらしいですが、
メキシコは11月1、2日なのですね〜。
ハロウィンが10月31日で近いですが
何か関係があるのでしょうか。

故人を想うといっても
賑やかな雰囲気のお祭りにちなんで
展示も賑やかな雰囲気でした。

入り口に展示の皆さんで作った
骸骨人形のカトリーナちゃんがいたらしいのですが、
ちょっと人が多くて見逃し(^^;
もっと早くいって一緒に写真を撮ればよかった
と思うのでした。

腰が重いので
いつも最終日になってしまうのがイカンのだが。

祭壇。

賑やかに想うのもいいですよね。
d0229251_06295810.jpg


[PR]
by henamame | 2016-11-06 06:33 | 観に行ってきた | Comments(0)

上野で休日イベント盛り沢山でした。芸大美術館とチームラボ作品など。

d0229251_02553924.jpg
上野へ行ってきましたよ。
上野公園の噴水のある広場では伊藤園さんがお茶の試飲をしていて、
煎茶や抹茶などいただいてきました。美味しかった。

同じく噴水の広場ではパフォーマンスも盛んで、
本物の仏像かと思ったら人間だったり。。。
d0229251_02574699.jpg
いく先々で見るので、何人もいるのかと思ったら
同じ人が移動していたらしく。。。

一緒に行った友人曰く「付いて来られている気がする^^;」

というので、気のせいでしょうと思っていましたが、
資料用に撮った写真見たら、こっち見てる???んん〜??

気のせいかな〜w

お賽銭入れなくてすみません(^^;
本物かと思うほど素晴らしかったです☆


そして今日の目的は、芸大美術館で開催されている
「驚きの明治工藝」(10月30日まで)

江戸時代のもあったような。。。昔の職人技のすごいこと。
色々あったのですが、私が気になったものは「自在置物」

自在置物というのは、細かいパーツでできていて、
本物のように形を変えることができるという工藝だそうです。
d0229251_03052270.jpg
好きなポーズをとらせることができるのですね。
d0229251_03014162.jpg
しゃち。。。

ヒレの感じなどが今っぽくて気になりました。
すごいシャチだな〜と思っていたら
d0229251_03090653.jpg
海のシャチじゃなくて、空想の生き物の方だったのね〜^^;

顔は龍だなと思っていたけれど、鯱は顔は虎なのね〜。
近くにいた人は「まあ、犬だわ〜」と言っていたので、
なんでもよし。(と思っておこう。)
d0229251_03101269.jpg
あと、最近タヌキ好きなので、タヌキの置物が気に入りました。

他にも容器とか根付けとか様々な工芸品が並んでいました。
工芸なので端正な感じで、職人さんはすごいなあと思いました。

お客さんが沢山来ていて、やけに賑わっていました。

虫などの置物もとても精巧に作られていて凄いのですが、
なんだか今日はじっくり見れなかったです。
人が多かったのと、腰痛が復活していたからかも?!^^;

帰りは日が暮れてから不忍池で10月23日(日)まで開催されている
チームラボの触ると色が変わる球体の作品を眺めつつ。。。
d0229251_03152672.jpg
叩きつつ。。。ボールに弾かれつつ。。。

こっちも賑わっていましたよ。

チームラポの作品て、
大勢の人を集められるのだなあと感心しちゃいました。

写真だけ見ていたら「綺麗で素敵!!」なんだけど、
実際その場に行ってみたら、
こちらもまあ、賑わいの凄いことw

子供らは激しくボールにぶち当たっていくし、
大人は作品と自分を写真に撮るためにグイグイ来るし
こちらでポンポンと触っていたら、
見えない反対側から勢いよく跳ね返ってきて飛ばされそうになったり?

楽しかったです(^^)

d0229251_03205400.jpg
人いっぱい。

そして明るいうちに見た噴水広場の芸大の神輿。
d0229251_03205779.jpg
これは花札ですね。
奥のは猿、キジ、犬なので桃太郎かな〜。
他には浦島太郎とか、いくつかありました。迫力ですね。
ちょっと怖い表現かな。

イベント盛り沢山で楽しかったです。


おまけ。

伊藤園のTEA-TASTER FOREST
ロゴが可愛い。
d0229251_03425681.jpg

実物の自在鯱(しゃち)。
ヒレの感じや全体の雰囲気がスチームパンクぽいと思ったの私だけ?
昔のものなのに現代的なものを感じました。
d0229251_03435019.jpg

実物の狸置物。かわいい。。。
d0229251_03441462.jpg
下の鏡に肉球。





[PR]
by henamame | 2016-10-23 04:02 | 観に行ってきた | Comments(2)

スヌーピーミュージアムは、やっぱり聖地だった。

d0229251_23350725.jpg
こんにちは。へなまめです。

先日、スヌーピー好きの聖地のサテライトミュージアムへ行ってきました。
スヌーピーミュージアム。

「スヌーピーミュージアム」って展覧会の名前かと思っていたのですが、
なんと、2018年9月までの期間限定で
ことし2016年の4月に出来上がっていたのですね〜
すげいわー

六本木駅からミュージアムがありそうもない道?をあるいて
突如目の前にスヌーピーたちが現れた時には
写真を撮りまくるスイッチがパチッと入りました。
d0229251_23351228.jpg
案内のプレートまでかわいいよ。。。

こちらは各時間ごとの予約制で前売り券をローソンチケットで買うスタイルです。
入場してその日のチケットに交換するのだけど、
これがねー☆
楽しいサプライズなので行ってのお楽しみです☆

入ってしまえば滞在時間はゆっくりでも大丈夫だそうです。
漫画の原画が沢山ありますが、昔のおもちゃとか原画ではない展示も沢山ありました。

スヌーピーはチャールズ・M・シュルツ作「ピーナッツ」という「漫画の中の犬の名前」なのですが、
漫画を知らない人もいるかもしれませんね。
d0229251_23350948.jpg
(↑これちがう^^;)

漫画はアメリカンコミックスなので、
子どもの頃読んだ時はなんだか意味がわからなかったのですが、
スヌーピーが可愛くて好きでした。
私も漫画よりも先にキャラクターだったな〜

展覧会では新聞に連載されていた印刷物も
コミックの原画もありましたが、
原画が実際に印刷されるものよりも、だいぶ大きくてビックリ。

うちのPCで見るとサイトの絵は原寸に近い感じがしますが、
たぶん、実際の印刷は4分の1か、もっと小さいか。。。
http://www.snoopymuseum.tokyo/exhibition/

原画がやっぱり美しくて、シンプルで、とても良かったです^^
線がきれいで塗りも味がありました。

他にはシュルツさんの写真が飾ってあったり
d0229251_23351843.jpg
この中にスヌーピーの元になったのかな?と思う(個人的に)ワンコが写っていたり、
壁にも絵が装飾してあったり。

原画以外の写真OKの場所は、撮りまくる人がたくさんで、
みんな好きなのね〜と微笑ましく思いました(^^)

そして館内のカフェ「Cafe Blanket」も行ってきました。
混雑時は抽選!ということもある、と聞いていたので、
ビクビクしながら行ってみたら普通に並んで入れました。ホッ。。。

ミュージアムに入場しないと入れないカフェなので^^;

それで、せっかくなのでシュルツさんの好物のツナサンドが入ったプレートを頂いてきました。
美味しかった〜。
d0229251_23360040.jpg
ここにもスヌーピーづくし。

ということで、満喫してきました。

書いていて思ったのですが、
私はずっと美術館だと思っていたのだけど、
こちらのミュージアムは、美術館と博物館を兼ね備えている印象のほうが近いかもしれません。

やっぱり好きだな〜
を確認してきた気がします。

サイトもとっても可愛くて幸せな気分になりますよ^^
http://www.snoopymuseum.tokyo/




[PR]
by henamame | 2016-09-16 00:52 | 観に行ってきた | Comments(4)

白金台にある松岡美術館へ。とにかくすごかった。

d0229251_03100628.jpg
今日出かけたついでに行かねば〜!!と思って行ってきました。
松岡美術館。
3ヶ月前に購入したぐるっとパスが庭園美術館へ行ったきり
使えていないまま期限切れになりそうだったので、
行けるのは今日しかないということで。
3ヶ月あると思っていたけれど、あっという間なのね〜。

それで出かける同じ方向にあるとこで探したら、ざっくり同方向ってことで、松岡美術館にしました。
初めて行ったのですが、こちらの常設はすんごいですよ。
なぜ今まで行かなかったのか。。。

d0229251_03101100.jpg
1階が常設で彫刻が並んでいます。
例によって、このブログは殆ど記憶スケッチなので、実際のものとは異なることご了承ください^^

古代オリエント、ガンダーラ美術、現代彫刻がズラリと並んでいて、
部屋ごとのテーマも作品の展示の仕方も抜群に素晴らしいと感じました。

各部屋の入り口を入る度に「ウッ!!」ってなったもの。
d0229251_03101398.jpg
なんだろうなあ〜配置なのかなあ〜。
うわ〜!!という感じで、、、ボキャブラリーの少なさが歯がゆいです。
歴史を感じたり、古いものの雰囲気とか時代とか、
なんだか色々なことを感じました。
d0229251_03101525.jpg
ヘンリー・ムアって今まであまり気にしていなかったけれども、
こちらの展示を観て素晴らしいなあと。
現代彫刻の部屋には他の作家の作品もありましたが、
眺めているとどれも動き出しそうで怖さすら感じます。
とにかく迫力がすごくて。。。

d0229251_03101741.jpg
ヒンドゥー教の神々の部屋も入る時恐れ多い感じがしました。
神様としてどこかの寺院にあったものだと思うのですが、
数多く並んだ像たちは美術というよりも別の存在感を放っているように感じられて、
拝んでしまいそうな感じもありました。

なんだろうな〜数のパワーなのかな〜。
やっぱり配置のせいなのかな〜。

とにかくすごかったです。

d0229251_03101930.jpg
2階は絵画と陶磁器の器だったかな。
歴史ある彫像や迫力の彫刻を観た後だったので、2階はすこし気楽な気分で観れました。
中国の器ですごく美しい色のがあったけれど名前を忘れてしまいました。

1階の彫刻の迫力がすごかったり、各部屋に入った途端に異世界に引き込まれるような感じがあって、
それがどこから来るのか知りたいので、またぜひ訪れたいと思いました。

ひとまず、ぐるっとパスの元は取った〜☆








[PR]
by henamame | 2016-09-03 03:34 | 観に行ってきた | Comments(0)

渋谷でワンコの絵の展示を観てきました。

d0229251_23393021.jpg
渋谷のnidiギャラリーへ行ってきました。
初めて行く場所で新鮮な感じ。

今日31日まで川央ヒロコさんの個展があって観てきました。
実際に道で遭遇した犬たちの絵やご自身も犬を飼っていたことがあるそうで、
散歩や遊んでいる様子を4コマにした線画などがありました。

d0229251_23393349.jpg
私は動物全般好きで、猫も可愛いと思いますが、どちらかというと犬派です。
絵を拝見していて、ああ、こういう動きするよね〜と感心しました。

かしこまって、いかにも可愛いというものよりも、
匂いを嗅いでいたり、食べていたり、眠っていたり
という動物らしい姿のほうが好きなので、
このお散歩の様子、言うこと聞かないみたいな感じはとても気に入りました(^^)

いろいろな遭遇した犬たちの絵はうまく撮れなかった。。。
d0229251_23393631.jpg
実際に会ったらどう感じるかわかりませんが、
こうして絵になって冷静に観てみると、
けっこう人間様の趣味で無理やりな感じに着せられてたりカットされていたりして、
面白かったです。

いろいろ画材などの話も聞いて自分にも生かそうと思いました。

ギャラリーも初めて訪れましたが、マンションの一室で
プライベートな雰囲気のある空間で居心地良かったです。


そのあと少し寄り道をして帰宅したのですが、まあ色々あって、
寄り道せずサクッと帰っていれば、いい気分のまま帰れたのになーと思いました。
子供の教育はちゃんとしてほしいわー
動物はちょっと言うこと聞かなくても可愛かったりするのだけど、
そこには悪意がないから可愛いと感じるのよね〜きっと。
わざと意地悪したり睨みつけたりする見知らぬ子供、どうにかならんか。



[PR]
by henamame | 2016-09-01 00:27 | 観に行ってきた | Comments(0)

ボローニャ国際絵本原画展at板橋区立美術館

d0229251_22442859.jpg

へなまめの消しゴムはんこ、作ってみました〜。
これからチマチマと何かしら作っていこうと思います。

板橋区美術館で毎年恒例のボローニャ国際絵本原画展を観てきました。
毎年観ているのですが、今年はアジアの方々の入選が多かったのかな?
昨年より多いな〜と感じながら観ました。

絵だけ観ていると、どこの国だかわからないのですが、
絵本まるまる一冊分の展示では無いので、
テキストを読みながら絵を観ていると「へ〜」と思います。
テキストは観た方が面白いなと思いました。

いろいろな絵があって、いろいろなストーリーがあり、
それぞれに良さや面白さがあって、
あとは自分の感覚とか好みに合うかどうかくらい。

良い、悪い、うまい、へた、の様に判断しがちですが、
本来の表現ってそれを超えたところにあるのではないかなあと思ったりします。

まあ仕事としてやっていると必ず評価というのは付きまとうわけですが(^^;
なんというか、もうそろそろ、そうじゃない感があるのです。
言葉にしづらいですが、
感覚的に時代が変わってきていると感じています。

なんというか、今までの評価とか価値観は古い感じがして、
それをいつまでも抱えているのも古臭い感覚のような気がします。
ま、ちょっと私の中でも感覚的に捉えているだけで、
言語化できていないのですが。。。白か黒か思考かな〜。うーん。
とにかくそれを手放そう。

d0229251_23034200.jpg
ボローニャ国際絵本原画展は50回目なんですね。
チケット受け取って初めて気づきました。

今年も入選された藤島つとむさんの絵葉書とともにパチリ。
藤島さんの絵は世界を旅しているようで素敵でした^^

8月14日(日)まで
板橋区立美術館





[PR]
by henamame | 2016-07-30 23:46 | 観に行ってきた | Comments(2)

ララ40周年の原画展。懐かしかったり目を皿にしたり。

d0229251_04075574.jpg
昔読んでいた少女漫画雑誌「LaLa」が40周年なんですってよ。
いま西武池袋のギャラリーで8月2日まで原画展が開催されているので行ってきました。

創刊から最近の漫画家さんのカラー原画が展示されています。
初めて観るカラー原画も多くて、その美しさや細密な描写に驚いてきました(笑)

最近の漫画家さんはパソコンでの彩色があるので、
原画というと手描きで描かれている絵の方が
観ていて実感ありますね。

手描きで細かくて、びっくりな作品がけっこうありました。。。

以前は綺麗だな〜とか、その位しか考えていなかったのですが、
仕事で絵を描く今になってみると、
いったいこの一枚にどれくらいの時間をかけているのだろう、と気になりました。
カラー原稿の他に、白黒の本編も描いていて連載をもっているとなると、
寝ている時間なんて無いですよね。。。

すごすぎます。

私は寝ないとダメなので(笑)

細かいとことか縮小されたら印刷に映んない、それでも描いているというこだわり。
見えなくても描かれていると醸し出すパワーが違うのかも。
これだけ描くのだから、描くということ自体がすごく好きなのだろうなあ。
とか色々思い巡らせながら観ました。

ちょっと私には真似できない。

寝ないとダメなので(笑)

2000年代に入ると、あっさりした仕上がりで、
それはそれで力が抜けていて今っぽいなと思いました。
抜けがあるとホッとする部分もありますね。

漫画家さんの原稿というのは、観るたびに感心します。
醸し出すパワーが本当にすごいのですよね。。。
今回はカラーのみ展示でしたが、白黒原稿の方がもっと感じます。

懐かしい絵や、ものすごい描きこみの数枚を観れただけでも、
私にとっては十分満足な展示でした。

40周年おめでとうございます!
http://www.hakusensha.co.jp/LaLa40th/genga/


へなまめ余談。

ポケモンGOが流行っていますね!

へなまめは、ポケモンGOで人が集まっている中を通るのは緊張しちゃいます。
d0229251_04403023.jpg
新種のポケモンだと思われたらどうしよう〜(笑)




[PR]
by henamame | 2016-07-27 04:44 | 観に行ってきた | Comments(0)

マルプギャラリーさんで伊藤ハムスターさんの個展観てきました。

伊藤ハムスターさん個展【生物語〜なまものがたり〜】
観てきました。
d0229251_02033189.jpg
http://malpu.com/jihou/2016/07/jihou8293.php

ふっ。

観ていると、そんな風に笑える愛らしくておかしい生物(なまもの)たちが
ギャラリーにたくさん居て楽しかったです♪

画像の人はイトリさんというのですが、
缶バッジ買っちゃった☆

つけていると何だか良さそうなことが起きそうな感じがしてきます。
(あくまで私的な感想です)

29日まで。



[PR]
by henamame | 2016-07-25 02:10 | 観に行ってきた | Comments(0)

メディチ家のお宝観てきただ☆(東京都庭園美術館)

メディチ家の至宝展を観に東京都庭園美術館へ行ってきました。
展示は7月5日(火)までなので、また駆け込み☆

ドレスコードがパールを身につけていく。
と、100円引きというのが、ひっそり書かれていたので、
パールつけていきました。
d0229251_02495008.jpg
ひっそり着用していきましたけれどね。ホホホ。
ちなみに今回のドレスコートのパールは人工でもオッケーです。

東京の79の施設を回れる「ぐるっとパス」も気になっていたので、
チケット売り場で聞いてみました。

割引は併用ではないですが、
ぐるっとパスで展示が見れるとのことなので、試しに買ってみました。

ちなみに展示は1400円、
ぐるっとパスは2000円で、上野動物園とか葛西臨海水族園とかも行けます。
有効期限は2ヶ月ですけれども。

展示は、というと、
メディチ家の宝飾品のコレクションで、カメオが多かった印象です。

金の枠の中に貴石に彫られたカメオが入っていて、
その周りをエナメルで着色しているものが多かったかな。
ブローチなどもあり、ルビーやエメラルド、ダイヤモンド、パールなどで装飾されていました。

ダイヤモンドは現代のようなカットではなく、
四角くカットしたり、その上に彫りが入っていたりもしましたが、
石自体が小さいのでよく見えませんでした。
ダイヤと書いてあるから、ああ、ダイヤなんだなという感じです。

昔のカメオは貴石に彫られていて、
現代のようなシェルカメオは19世紀に入ってから観光客用に造られたそうです。

カーネリアンのカメオ、透明感があって綺麗だったなあ。
細工がどれも細かくて、繊細な仕事の印象です。

d0229251_02495550.jpg

展示は宝飾品で飾られた肖像画もありました。
今回の展示のメインビジュアルになっていた
「マリア・ディ・コジモ1世・デ・メディチの肖像」が素敵で、
目がキラリンとしてて宝石みたい。
若くして亡くなってしまったようですが、清らかでとても美しかったです。
d0229251_03352826.jpg

あと、他にも数は少ないものの肖像画があったのですが、
どれも宝石で飾られていて、パールだらけのドレスのがあって
重そうだな、、、と思って観てしまいました。
d0229251_02495342.jpg
かなり適当な記憶スケッチですが、、、
サイト観たら作品ありますね。

全然違うじゃん(笑)

サイトの方を参照してください。

それぞれ波乱万丈なので、背景を考えると宝飾品にも色々こもっていそうですが、
よく現代まで残してくれたなあと思いました。
美術品もそうですが、そのおかげで観ることができるので、
観終わったあとに、なんだか深い感謝を感じました。

あ、庭園美術館という空間もとても良かったです。

それぞれの部屋の壁や天井、照明なども一緒に楽しみました。
元食堂の天井照明のガラスは、果物の形で、食にちなんだデザインになっていました。

展示内容とも合っていて、空間も味わってきました。とても素敵な場所!


東京都庭園美術館

ぐるっとパス

d0229251_03430474.jpg
緑がいっぱいなので、今の時期は虫除けしていった方がいいです。





[PR]
by henamame | 2016-07-05 04:00 | 観に行ってきた | Comments(0)