《へなまめ星人の手帖》

henamame.exblog.jp
ブログトップ

2017年 01月 22日 ( 1 )

商売だね〜を考えた日。

d0229251_23104497.jpg

ちょっと流れてきた無料公開話をちらほら目にして
賛否両論あるけれど、果たしてどうなのかと
ちょびっとだけ考えていました。

目にした時まず思ったのは
「だいぶ稼いだし宣伝方法を変えたんだな」と。
そこにみんなが上手いこと乗っかって(良くも悪くも)
上手い商売だなあと思っちゃった。


どういう契約になっているのかで変わってくると思うけれど
クリエーター側に報酬はすでに支払われている様子だし
売れた冊数からいっても利益は出ているだろうと思うので
さらに売るための仕掛けだな。。。
と感じました。
なのでこれについては「へ〜。」位にしか思わなかった。

けれど、これをきっかけに、
クリエーターに対する報酬ということに関して
私なんぞ端くれもいいとこだけど、色々と思い巡らせていました。

絵とか描いてると仕事が見えにくいんですよね〜
どれだけの作業をしているか、
どうやって資料を探したりアイデアを出しているか、
ブラッシュアップ、スキルアップも外からは見えにくいから
さささっと描いているんでしょ〜みたいな印象だったりして。
ま〜見せるもんでもないかなとも思いますが、
実際の作業はさささ〜っだったとしても、
それに至るまでのアイデア練ったり
資料を集めたり、見に行ったりという時間も含めたら
さささ〜っじゃないですよね(^^;簡単な絵でも、、、

イラストの料金は作業代じゃなくて、本来は使用料なので、
そのあたりも分かりにくいよな〜と思う。
作った人の「私が作りましたよ権利」(著作権)があるので。

著作権渡していたら、
あとはもう権利持っている側のしたい放題になるので
内容にもよるけれど個人的には気をつけたいなと感じました。

今回の目にした話とは、また別の話だと思うけれど
そんなことをちょびっと考えました。





[PR]
by henamame | 2017-01-22 23:56 | ひとりごと、つぶやき | Comments(0)