《へなまめ星人の手帖》

henamame.exblog.jp
ブログトップ

ミュシャと草間弥生。国立新美術館。

d0229251_23154619.jpg
えっへへへへへ^^

GWは混んでいるだろうなあと外して
今日は動けそうなスケジュールだったので
行ってきました国立新美術館。

ふつう美術館は月曜休みなのだけど、
国立新美術館は火曜休みなので丁度よかった。

乃木坂駅から直結なので、行きは乃木坂から。
改札をでるとミュシャ展のチケットが臨時であったのですが、
草間弥生も観たかったので美術館の窓口で同時購入することに。

窓口で同時購入すると、各展示100円値引きの
計200円引きに。

お昼頃行ったのですが、窓口の待ち時間ゼロ。

まずは2階のミュシャ展から。

入ってすぐ、巨大な作品群に圧倒されて
うわ〜☆と感激しました。

ミュシャというとポスターなどを思い浮かべるのですが、
スラブ民族のことを描いた作品で
今まで見てきたものとはちょっと違う感じ。

でも、迫害されてきたスラブ民族の大変な状況が描かれているにも関わらず、
色の美しさと、構図バッチリなのと、内側から発光しているかのような光の表現で
なんだか綺麗。。。

作品に囲まれていると夢を見ているような感覚でした。

一室だけ撮影可能なところがあったので、こんな感じです。
撮影スポットは壁にあった注意書きをみると、
スマホならOK。カメラはNG。と書いてあったような。。。
もちろんフラッシュもNGです。
ピカピカ光ってるのヤダもんなあ。
d0229251_23243175.jpg
d0229251_23243492.jpg
部分です。

最近は美術館も撮影可能なコーナーを用意しているのですね。
他の場所は撮影禁止ですが、
美術館にまで、こういうスポットを用意するのはSNSなどで拡散するからなのだろうか。
見ると行きたくなっちゃうし。

会場内に人は多いのですが、
大きな絵なので離れてみる人が多くて、絵の前は人が殆どいない。
なので、混雑しているといえば、しているのだけれど、
近くまで行って観たり、離れてみたり、意外とゆったり観れました。

会場チラリ。撮影可能な部屋です。人は下の方にいるのですがカットしてあります。
d0229251_23244075.jpg
他には、ポスターやもっと小さめ(といっても大きいけれど)の作品の展示などあり、
大変楽しめました。

そしてもうひとつ、1階の会場の草間弥生。
こちらも待つことなく会場に入れました。
人は多いといえば多いけれど、動き回れるし、広いので空いている感覚です。
d0229251_23321335.jpg
広〜い部屋に絵がいっぱい。色もいっぱい。
ワクワクします。
こちらもこの部屋だけ撮影可能でパシャパシャ撮る人多数。
遊園地にいるみたいな感覚です。

作品をつくるパワーが溢れていて凄い。
このあと、初期の作品とか、ニューヨーク時代の作品の部屋などが続き、
やっぱり凄い才能だなあと思いました。
光の部屋も楽しかったな。

会場の外には、かぼちゃ。
d0229251_23321655.jpg
あ、そうそう、会場内にかぼちゃの絵と
グネグネしたものに黄色の水玉の「黄樹」という作品があるのですが、
はじめシルクスクリーンか何かでパターンを作っているのかと思いきや、
ほんの少し歪んでいたり、手で描いている痕跡をみつけて、
すごいテクニックにビックリしました。
この方、もしかして、とても几帳面なのではないだろうか。

美術館の外の遊歩道にも水玉。ぐるぐる巻き。
d0229251_23322015.jpg
乃木坂6番が美術館直結だから、ちょっと遠回りなんだけど、
乃木坂駅の5番出口(美術館直結じゃない方)から行くと
ちょうどここを通って、
六本木方面の入り口から美術館に入ることになります。
六本木方面の出入り口からも散歩できます。

グッズ売り場ですが、
今日の感じですが、
ミュシャのグッズ売り場に人は多かったですが、レジはそれほど並びませんでした。

草間弥生はレジ待ちが20分。。。
グッズ欲しい人が多い印象でした。

レジで入れてくれる袋も水玉。
大きめのものとか沢山買った人には黄色に黒の水玉の袋だった。
私は少しだったので赤にシルバーの水玉。
たぶん、、、一番大きい袋が黄色で、その下が赤、もっと小さいとピンクなのかなあ
と思いました。(たぶんね。)
ちょっと黄色が良かったな〜などと思ってみたり(笑)
赤も可愛いから、まあいいか。

ミュシャ展の写真撮影可能部屋は作品を撮る人が多かったけれど、
草間弥生の方は作品と記念撮影している人が結構いました。
みんな楽しそうで、楽しかったし、
作品も素晴らしくて、

あー楽しかった。

時間があればもう一度、体感しに行きたい。
これはもう体験してこそだと思いました。
こういう企画展をしてくれる場所があるっていいな。

国立新美術館HP






[PR]
by henamame | 2017-05-08 23:56 | 観に行ってきた | Comments(0)